担当者ブログ

花粉症を引き起こす植物の種類とは?

代表的なスギ花粉・ヒノキ花粉・ブタクサ花粉以外にも、つらい鼻水や鼻づまりなど、

花粉症の症状を引き起こす植物はたくさんあります。

 

花粉には、木から飛散する「木本花粉(もくほんかふん)」と

草から飛散する「草本花粉(そうほんかふん)」の2種類があります。

ほぼ年間通して何らかの花粉が日本中で飛散しています。

日本では、花粉症の原因で最も多いのが「スギ花粉」と言われています。

国土面積の約7割を占める森林面積のうち、スギ林は18%で、国土の12%を占めています。

その影響からか花粉症患者のなんと約70%がスギ花粉症と言われているそうです。

 

※春の花粉の種類と飛散時期

春は樹木の花粉が飛び始めるため、もっとも花粉症になる人が多い時期です。

スギ      (2~4月)北海道を除いた全国各地

ヒノキ     (3~5月)関東以南    リンゴ     (4~5月)東北が主

コナラ     (4~5月)全国各地    ハンノキ    (1~6月)全国各地

オオバヤシャブシ(3~4月)関東      シラカンバ   (4~5月)関東以北

ネズ      (4~5月)

 

※夏の花粉の種類と飛散時期

春の花粉症の原因としてはスギやヒノキがメインでしたが、夏になるとイネ科が主な原因になります。

カモガヤ    (4~7月)全国各地    ハルガヤ    (4~7月)全国各地

ホソムギ    (4~7月)全国各地    オオアサガエリ (4~7月)全国各地

 

※秋の花粉の種類と飛散時期

秋の花粉症の原因として多いのがブタクサになります。

ブタクサ    (8~9月)全国各地 オオブタクサ  (8~10月)北海道をのぞく全国各地

ヨモギ     (8~9月)全国各地 カナムグラ   (8~10月)全国各地

カラムシ    (9~10月)北海道をのぞく全国各地

 

※冬の花粉の種類と飛散時期

花粉症というと春のイメージが強いですが、実は冬にもなることがあります。

ここまで、それぞれの季節ごとに飛散しやすい花粉を紹介してきましたが、実はピーク時期に比べ少量ではありますが、これらの花粉が冬に飛散してしまうこともあるのです。

スギ  ヒノキ  ハンノキ  イネ科  ブタクサ  ヨモギ

 

スギ花粉:飛散時期は24月。飛散量が多く、日本で最も多い花粉症の原因。

飛散距離が長く、ごくわずかな飛散量の北海道・沖縄を除き、全国で発症。

鼻アレルギーのほか、目、のど、皮膚の症状も。

 

ヒノキ花粉:飛散時期はスギより少し遅れて、35月。

スギと同じく飛散距離が長く、広範囲で発症。スギ花粉症と合わせてヒノキ花粉症を

持っている人も多く、その場合は重症化しやすい。症状もスギ花粉症と同様。

 

シラカンバ花粉:飛散時期は46月。北海道での花粉症の主な原因で、

患者数も年々増加傾向に。主な症状は、鼻水、目のかゆみ、くしゃみなど。

りんごなどを食べると口内がかゆくなる「口腔アレルギー」を引き起こすことがある。

 

イネ花粉:飛散時期は56月。飛散距離は100メートルほどと短いが、稲刈りの時、

イネについた花粉が舞い上がることもあるので、秋も注意が必要。

鼻や目に症状が起きるほか、小麦の食物アレルギーを発症しやすくなることも。

 

ブタクサ花粉:飛散時期は810月。日本ではスギ、ヒノキに次いで多い花粉症。

背が低い草花で、飛散距離が短いため、近づかなければ避けられる。

鼻、目の症状のほか、喘息の原因にも。

 

ヨモギ花粉:飛散時期は810月。繁殖力が強く、雑草の生い茂る河川敷、

空き地などに群生していることが多いので、散歩などで近くを通るときは注意が必要。

鼻水・鼻づまりや目のかゆみなどが主な症状。

 

カナムグラ花粉:飛散時期は810月。飛散距離は数十メートルと短く、

花粉の量も少なめだが、道端など身近に生息していることが多い。

鼻や目に症状が出るほか、メロン、スイカなどで「口腔アレルギー」を起こすことがある。

 

《花粉症の原因とメカニズム》

花粉症とは、体内に花粉(アレルゲン)が入ってきたとき、それを排除しようとする、

「免疫反応」によって、鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの症状が起こることをいいます。

花粉症の主な原因は、抗原抗体反応によるものです。空気中を浮遊している

スギ・ヒノキ・イネの花粉などのアレルゲン(抗原)が鼻粘膜に付着すると、

体内に抗体が作られ、肥満細胞という名の細胞とくっつきます。

 

その後、再びアレルゲンが侵入すると、肥満細胞からヒスタミンなどのアレルギー誘発物質が放出され、ヒスタミン受容体(ヒスタミンを受ける鍵穴)と結合し、鼻水、鼻づまり、くしゃみ等のアレルギー反応を起こします。

 

《子どもでも花粉症になるの?》

子どもの花粉症は年々増えており、59歳で13.7%、1019歳では31.4%と大人の発症率と変わりません。スギ花粉症は、原因物質の花粉が飛散する時期(1月下旬~4月)と風邪やインフルエンザが流行する時期とが重なるため、判断が難しいかもしれません。また、幼児では症状を具体的に伝えることが難しいため、まわりが注意を払う必要があります。

スギ花粉が飛散する時期に、子どもが熱はないのにくしゃみや鼻水が止まらない場合は「スギ花粉症」かもしれません。花粉症では、目のかゆみを伴うことが多いので、風邪と花粉症の判別の指標のひとつになります。しかし、鼻づまりの症状は花粉症でも起こりますが、咽頭扁桃肥大や慢性副鼻腔炎が原因であることも多いので、子どもに異変を感じたら、医療機関でしっかり診断してもらうことが重要です。

 

《子どもの花粉症はどう治療するの?》

花粉症の治療は、基本的に大人も子どもも同じです。症状に応じて、抗ヒスタミン薬という飲み薬や、ステロイド点鼻薬などで治療します。今まで成人にしか使用できなかった第2世代の抗ヒスタミン薬も子どもに使用できるものが増えており、以前と比べて薬の選択の幅が広がりました。

医療機関(耳鼻科など)を受診し、子どもの症状に応じた適切な治療を受けてください。

 

《大人と子どもの花粉症の違い》

※「くしゃみ」より「鼻づまり」が主な症状

花粉症の主な症状といえば、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみですが、子どもの場合はちょっと異なります。子どもの場合はくしゃみがあまり出ずに、鼻づまりが多い傾向にあります。これは、鼻が小さいからつまりやすく、つまると花粉が入ってこないことからくしゃみも出ないということが原因になっています。

しかし、鼻づまりは見た目ではわかりません。そこで、見分けるポイントとしては、口をあけているかどうかです。鼻で息がしづらくなっているため、口呼吸することが多くなっているはずなので、注意深く観察してあげてください。

また、口呼吸が多くなると息をするために口を使うので、食事や薬などが飲み込みづらくなる傾向もあります。

 

※大人はサラサラ、子どもは少し粘っこい鼻水

花粉症による鼻水は、大人の場合はサラサラした水のようなものが出ますが、子どもの場合は少し粘っこい鼻水も出ます。これも鼻づまりが主な症状となっていることに原因があるのではないかといわれています。風邪と見間違えてしまうかもしれませんが、鼻水が出ていたら花粉症も疑いましょう。

 

※目の症状も高い率で発現

子どもの場合、目の症状も発症するケースが多く、頻繁に目のあたりをこすったりします。その他にも、目の充血や目のまわりのむくみなどもよくみられます。

 

※鼻をピクピク、口をモグモグも花粉症の合図

鼻がムズムズするので、こすったり、かいたり、鼻をピクピク、口をモグモグして鼻や口のまわりをしかめたりします。また、鼻をいじり過ぎて、鼻血を出すこともあります。このあたりも発見しやすいポイントかもしれません。

 

《目と鼻の症状》

【目の三大症状】

※目のかゆみ

目のかゆみは、目の症状の中で最も多くの人が悩まされている症状で、目やまぶたなどに炎症が起きてかゆみが生じます。強くかいたり、こすったりすると結膜や角膜を傷つけてしまったり、かゆみが増強したりすることがあるので気をつけましょう。

 

※充血

目の表面に花粉がつくことで結膜炎を起こしている状態。白目の血管が拡張して赤く見えます。

 

※涙が出る

花粉が目に入ると、アレルギー反応などにより、かゆみとともに涙が出ます。目に入った花粉の多くは涙により洗い流されます。

 

【鼻の三大症状】

※くしゃみ

くしゃみは花粉症のほとんどの人が悩まされている症状で、鼻の粘膜についた花粉を除こうとするために生じます。花粉症のくしゃみは連続して起こり、回数も多いのが特徴です。

 

※鼻水

くしゃみと同じように鼻水も鼻の粘膜についた花粉を除こうとするために生じます。花粉症の鼻水は、風邪の鼻水のようにねっとりしたものではなく、涙と成分がほとんど同じで、無色で粘り気がなくサラサラしているのが特徴です。

 

※鼻づまり

鼻の穴から入った空気は下鼻甲介、中鼻甲介の間を通ってのどへと流れていくのですが、花粉症などでこの鼻甲介(特に下鼻甲介)の表面粘膜が腫れると空気が通れなくなり鼻づまりとなります。

鼻腔を広げるテープなどで鼻づまりが楽になるのは、鼻甲介を外側から引っ張り、空気が通れるスペースをつくるためです。

 

花粉症の症状が出たら、ご自身の判断で、市販薬で対処していませんか?

花粉症の症状の出方や重症度は、人によって異なります。薬の効果にも個人差があります。

また、花粉症の原因はスギ花粉と思われますが、人によっては他の花粉が原因の場合もあります。つらい花粉症の症状をしっかり抑えるためには、きちんと病院で診断を受けて、あなたに合った治療を行うことが大切です。

 

お医者さんは問診を通じて、症状の度合いや治療時期をはじめ、例年の症状の出方やあなたのライフスタイルを考慮し、総合的に判断したうえで数ある薬の中から最適な薬を選び出してくれます。

 

また、薬には市販薬であっても病院の薬でも、少なからず副作用があります。お医者さんはその副作用による影響も考え処方してくれるので、より安心して治療を受けることができます。症状や薬について気になることがあれば相談し、治療の見直しなどを行い、より自分に合った治療をみつけていきましょう。

 



コンサルティング事業

医療・介護事業に関するM&A
コンサルティングはこちら

介護系スクール事業

 平日16日間で取得可能!!
 
介護職員初任者研修講座
       [ 受講生募集中