お役立ちコラム

風邪薬を飲んで眠くなる理由!?

※風邪薬を飲んで眠気が出るメカニズム

風邪薬を飲むと眠気が出るのは、風邪薬に含まれるくしゃみや鼻水を抑える成分が原因です。

市販の風邪薬を飲んで眠くなる原因の多くは、くしゃみや鼻水を抑える「抗ヒスタミン薬」

が配合されていることです。

 

風邪薬は総合感冒薬と呼ばれますが、その名の通り、風邪によるさまざまな症状に効くような

成分が配合されています。薬局に行くと、たくさんの種類の風邪薬が売っています。

それぞれ成分は異なるのですが、基本的には「解熱鎮痛剤」「去痰薬」「咳止め」

「抗アレルギー薬」が含まれていることが多いです。

この中で、風邪薬の眠気の原因になるのは「抗アレルギー薬」です。

アレルギーの薬の抗ヒスタミン作用によります。

ヒスタミンは身体の末梢組織で、アレルギー反応に関わります。

アレルギー性鼻炎・結膜炎、蕁麻疹などがそうです、

このヒスタミンをブロックすることで余計な症状を抑えるわけです。

 

※抗ヒスタミン薬を説明

抗ヒスタミン薬は、くしゃみや鼻水を引き起こす原因となるヒスタミンと呼ばれる

化学物質の働きを抑え、くしゃみや鼻水の症状を改善します。しかし、ヒスタミンには脳を

覚醒させる働きもあるため、抗ヒスタミン薬が脳内へ移行すると、こちらの働きも抑えられて、

眠気を起こしたり、集中力や判断力が低下したりします。

 

抗ヒスタミン薬には、古くから使用されている第一世代と比較的新しい第二世代とがあり、

第一世代の抗ヒスタミン薬は、脳に移行しやすく、眠気の副作用を起こしやすいタイプです。

一方、第二世代の抗ヒスタミン薬は、脳に移行しにくく、眠気の副作用が少なくなっています。

 

しかし、現在、市販されている風邪薬に配合されている抗ヒスタミン薬は、

クロルフェニラミンマレイン酸塩やクレマスチンフマル酸塩、

ジフェニルピラリン塩酸塩など第一世代の抗ヒスタミン薬がほとんどで、

眠気の副作用を起こしやすいのです。

 

そのほか、咳を和らげる作用の成分でもジヒドロコデインリン酸塩や

コデインリン酸塩水和物など麻薬性の咳止め成分で眠気を起こす場合もあります。

 

抗ヒスタミン薬を配合していない風邪薬を選んで飲むことが、眠気を回避するには一番ですが、

鼻水を伴う風邪症状への効果が期待できない場合があります。

 

ヒスタミンはアレルギー症状の原因物質です。花粉などのアレルギーの原因物質が鼻に入ると、

鼻の粘膜ではヒスタミンが作られて体内に放出されます。これが同じく鼻の粘膜にある

H1受容体」という部分と結合すると、くしゃみや鼻水といったアレルギー症状を発現します。

 

「ヒスタミン」と「H1受容体」との関係は、「鍵」と「鍵穴」の関係に似ています。

鍵が鍵穴にぴったりはまるように、「ヒスタミン」が「H1受容体」にぴったりはまれば

アレルギー症状が発現するのですが、抗ヒスタミン薬は、ヒスタミンが結合する前に鍵穴である

H1受容体をふさぐので、ヒスタミンが放出されてもH1受容体と結合できなくなり

アレルギー症状の発現を抑制することができるのです。

 

ところが、一部の抗ヒスタミン薬は脳の中にも移行し、

脳内にある「H1受容体」もブロックしてしまいます。

 

脳内でのヒスタミンの役割はアレルギー症状の発現とは無関係で、

集中力・判断力・作業能率や覚醒の維持に関与しているため、そこに抗ヒスタミン薬が入ると、

同じメカニズムで脳内のヒスタミンの働きも妨げられてしまうのです。

 

その結果、ヒスタミンが脳の中でも働くことができずに、眠気や判断力の低下を引き起こして

しまうのです。専門家からは、一部の抗ヒスタミン薬を服用した際には、

グラス4杯分のウィスキーを飲んだのに相当する程能率が下がるとも指摘されています。

 

※眠くならないための対策

・ガムをかむ:ガムをかむことで、脳が刺激され、眠気を軽減する効果が期待できます。

ミント系の香りなど刺激の強いものは、より脳を刺激し活発にしますので効果的です。

 

・カフェインを摂取する:コーヒーや紅茶などに含まれるカフェインには、

脳を興奮させる作用があるため、眠気を覚ます効果に期待できます。

ただし、カフェインは、胃酸の分泌を促すため、空腹時の摂取は胃を荒らすことがありますので注意しましょう。

また、風邪薬の中には、眠気に対して、カフェインを配合した製品も多くあるため、

風邪薬の服用によってカフェインの摂取が過剰となり、頭痛の原因となる場合もあります。

カフェイン含有の薬を服用した後の眠気の場合はこの対処は向いていません。

 

・仮眠をとる:可能な状況であれば、15分ほど寝てしまうとよいです。

逆に長時間眠ってしまうと体がだるくなってしまうことがあるため注意が必要です。

 

薬の作用による眠気であるため、眠気が強く出るタイプの人にとっては、

どんな対策も効果がないかもしれません。

 

対処法を試して一時的に眠気が解消されたとしても、集中力や判断力が低下している可能性は

ありますので、自動車の運転や危険な機械の操作、高所での作業などを行う場合は、

いずれにしても薬の服用は控えましょう。

 

※まとめ

風邪薬で眠気が起きるのは、風邪薬に含まれる「抗ヒスタミン薬」による作用です。

眠気を起こさずに風邪の症状を抑えるには、抗ヒスタミン薬を含まない風邪薬を選ぶとよいでしょう。漢方薬も眠気を起こさないのでおすすめです。

 

風邪薬は、風邪の原因であるウイルスをやっつけ根本的に風邪を治すわけではなく、あくまで、風邪の諸症状を抑え、自己免疫力が風邪を治すのをサポートするものです。

 

そのため、風邪を引いたら、自己免疫力が十分働くように、栄養をしっかりとり、十分な睡眠をとることが大切です。



コンサルティング事業

医療・介護事業に関するM&A
コンサルティングはこちら

介護系スクール事業

 平日16日間で取得可能!!
 
介護職員初任者研修講座
       [ 受講生募集中