お役立ちコラム

熱中症対策

各地で命に関わる危険な暑さ 熱中症に厳重警戒を

 

【熱中症とは】

暑い環境や体温が下がりにくい環境で起こる、体の異常のことをいいます。かつては、夏の暑さや炎天下で具合が悪くなったり倒れたりする状態は、日射病などと呼ばれていました。          また、医学的には、以前は重症度に応じて熱疲労、熱けいれん、熱射病などと呼ばれていました。

しかし、2017年現在では、必ずしも熱が加わる灼熱のような状況でなくても発症する恐れがあることから、「熱中症」と一括りにして呼ばれるようになりました。

熱中症は炎天下での運動などで発症しやすいことが知られていますが、高齢者の方が熱帯夜にエアコンを使用せずに寝ているうちに発症することもあります。

 

【熱中症の種類】

《熱失神》

皮膚血管の拡張によって血圧が低下し、脳への血流が悪くなることにより起こります。

『特徴』・めまい

・一時的な失神

・顔面蒼白

・脈は速くて弱くなる

 

《熱けいれん》

大量に汗をかき、水だけを補給して血液の塩分(ナトリウム)濃度が低下した時に、足、腕、腹部の 筋肉に痛みを伴ったけいれんが起こります。

『特徴』・筋肉痛

・手足がつる

・筋肉がけいれんする

 

《熱疲労》

大量に汗をかき、水分の補給が追いつかないと、身体が脱水状態になり熱疲労の症状がみられます。

『特徴』・全身倦怠感

・悪心・嘔吐

・頭痛

・集中力や判断力の低下

 

《熱射病》

体温の上昇のため中枢機能に異常をきたした状態です。意識障害(応答が鈍い、言動がおかしい、意識がない)がみられたり、ショック状態になる場合もあります。

『特徴』・体温が高い

・意識障害

・呼びかけや刺激への反応がにぶい

・言動が不自然

・ふらつく

 

【原因】

熱中症の原因は、体温が上昇して体温調節機能のバランスが崩れ、体内に熱が溜まってしまうことです。体温が上昇した場合、人の体は適度な体温を維持するために、汗をかいたり皮膚温度を上昇させたりして熱を体外へと放出します。この機能が損なわれることで熱中症が生じます。

 

熱中症になる要因には、環境要因・身体要因・行動要因の3つがあります。

環境要因:気温が高い、湿度が高い、日差しに当たっている、風通しが悪い、など

身体要因:子ども、高齢者、脱水状態、など

行動要因:炎天下で活動する、水分や休憩がとれない、日陰などで休まない、など

 

【熱中症について学ぼう:症状】

熱中症は、高温多湿な環境に、私たちの身体が適応できないことで生じるさまざまな症状の総称です。

以下のような症状が出たら、熱中症にかかっている危険性があります。

 

《めまいや顔のほてり》

めまいや立ちくらみ、顔がほてるなどの症状が出たら、熱中症のサインです。

一時的に意識が遠のいたり、腹痛などの症状が出る場合もあります。

 

《筋肉痛や筋肉のけいれん》

「こむら返り」と呼ばれる、手足の筋肉がつるなどの症状が出る場合があります。

筋肉がピクピクとけいれんしたり、硬くなることもあります。

 

《体のだるさや吐き気》

体がぐったりし、力が入らない。吐き気やおう吐、頭痛などを伴う場合もあります。

 

《汗のかきかたがおかしい》

ふいてもふいても汗がでる、もしくはまったく汗をかいていないなど、汗のかきかたに異常がある場合には、熱中症にかかっている危険性があります。

 

《体温が高い、皮ふの異常》

体温が高くて皮ふを触るととても熱い、皮ふが赤く乾いているなどの症状も熱中症のサインです。

 

《呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない》

声をかけても反応しなかったり、おかしな返答をする。または、体がガクガクとひきつけを起こしたり、まっすぐ歩けないなどの異常があるときは、重度の熱中症にかかっています。すぐ医療機関を受診しましょう。

 

《水分補給ができない》

呼びかけに反応しないなど、自分で上手に水分補給ができない場合は大変危険な状態です。この場合は、むりやり水分を口から飲ませることはやめましょう。すぐ医療機関を受診しましょう。

特に、呼びかけに反応しないなど意識障害がみられる場合には重症である可能性も高いため、速やかな治療が必要となります。

 

《熱中症の予防・対策》

いつでもどこでもだれでも条件次第で熱中症にかかる危険性がありますが、熱中症は正しい予防方法を知り、普段から気をつけることで防ぐことができます。例えば、初夏や梅雨明け・夏休み明けなど、体が暑さに慣れていないのに気温が急上昇するときは特に危険です。無理せず、徐々に体を慣らすようにしましょう。

 

【シーズンを通して、暑さに負けない体づくりを続けよう】

熱中症を予防するためには、暑さに負けない体作りが大切です。気温が上がり始める初夏から、日常的に適度な運動をおこない、適切な食事、十分な睡眠をとるようにしましょう。

 

・『水分を』こまめにとろう

のどがかわいていなくても、こまめに水分をとりましょう。スポーツドリンクなどの塩分や糖分を含む飲料は水分の吸収がスムーズにでき、汗で失われた塩分の補給にもつながります。

 

・『塩分を』ほどよく取ろう

過度に塩分をとる必要はありませんが、毎日の食事を通してほどよく塩分をとりましょう。大量の汗をかくときは、特に塩分補給をしましょう。ただし、かかりつけ医から水分や塩分の制限をされている場合は、よく相談の上、その指示に従いましょう。

 

・『睡眠環境を』快適に保とう

通気性や吸水性の良い寝具をつかったり、エアコンや扇風機を適度に使って睡眠環境を整え、寝ている間の熱中症を防ぐと同時に、日々ぐっすりと眠ることで翌日の熱中症を予防しましょう。

 

・『丈夫な体を』つくろう

バランスのよい食事やしっかりとした睡眠をとり、丈夫な体をつくりましょう。体調管理をすることで、熱中症にかかりにくい体づくりをすることが大切です。

 

【日々の生活の中で、暑さに対する工夫をしよう】

暑さは日々の生活の中の工夫や心がけでやわらげることができます。適度な空調で室内の温度を快適に保ったり、衣服を工夫することで、熱中症の危険を避けやすくなります。また、日よけをして直射日光を避けましょう。自分のいる環境の熱中症危険度を常に気にする習慣をつけることも重要です。

 

・『気温と湿度を』いつも気にしよう

いま自分のいる環境の気温や湿度をいつも気にしましょう。屋内の場合は、日差しを遮ったり風通しを良くすることで、気温や湿度が高くなるのを防ぎましょう。

 

・『室内を』涼しくしよう

扇風機やエアコンで室温を適度に下げましょう。過度の節電や「この程度の暑さなら大丈夫」とガマンしてはいけません。

 

・『衣服を』工夫しよう

衣服を工夫して暑さを調整しましょう。衣服は麻や綿など通気性のよい生地を選んだり、下着には吸水性や速乾性にすぐれた素材を選ぶとよいでしょう。

 

・『日ざしを』よけよう

ぼうしをかぶったり、日傘をさすことで直射日光をよけましょう。また、なるべく日かげを選んで歩いたり、日かげで活動したりするようにしましょう。

 

・『冷却グッズを』身につけよう

冷却シートやスカーフ、氷枕などの冷却グッズを利用しましょう。毎日の生活で使えるものから夏の寝苦しさをやわらげるようなものまで、さまざまなグッズがあります。ちなみに、首元など太い血管が体の表面近くを通っているところを冷やすと、効率よく体を冷やすことができます。

 

【特に注意が必要なシーンや場所で、暑さから身を守るアクションを】

炎天下でのスポーツや、空調設備の整っていない環境での作業時などでは、熱中症の危険からしっかりと身を守るアクションをとることが必要です。適度な水分と塩分の補給をおこない、こまめに休憩をとるようにしましょう。

 

・『飲み物を』持ち歩こう

出かけるときは水筒などでいつも飲み物を持ち歩き、気づいたときにすぐ水分補給できるようにしましょう。

 

・『休憩を』こまめにとろう

暑さや日差しにさらされる環境で活動をするときなどは、こまめな休憩をとり、無理をしないようにしましょう。

 

・『熱中症指数を』気にしよう

携帯型熱中症計やテレビ、Web等で公開されている熱中症指数で、熱中症の危険度を気にしましょう。

 

【応急処置でたいせつな3つのポイント】

・涼しい場所へ移動しましょう

まずはクーラーが効いた室内や車内に移動しましょう。

屋外で、近くにそのような場所がない場合には、風通りのよい日かげに移動し安静にしましょう。

 

・衣服を脱がし、体を冷やして体温を下げましょう

衣服をゆるめて、体の熱を放出しましょう。氷のうなどがあれば、それを首すじ、 脇の下、 大腿の付け根、股関節あたりに当てることも有効です(これらは、皮膚のすぐ下を太い血管が走っているところで、流れている血液を冷やす効果があります)。皮ふに水をかけて、うちわや扇子などであおぐことでも体を冷やすことができます。うちわなどがない場合はタオルや厚紙などであおいで、風を起こしましょう。

 

・塩分や水分を補給しましょう

できれば水分と塩分を同時に補給できる、スポーツドリンクなどを飲ませましょう。

おう吐の症状が出ていたり意識がない場合は、誤って水分が気道に入る危険性があるので、むりやり水分を飲ませることはやめましょう。

 

・可能な限り、早く冷やす必要があります

重症者の命を救う事ができるかどうかは、どれだけ早く体温を下げることができるかに掛っています。

 

救急隊を要請したとしても、救急隊の到着前から冷却を開始することが重要です。深部体温(体の中心部の体温)で40℃を超えると全身痙攣(全身をひきつける)、血液凝固障害(血液が固まらない)などの症状も現れる恐れがあります。

 

【熱中症、こんな人は特に注意!】

《乳幼児》

特に体温調節機能が十分に発達していない乳幼児は、大人よりも熱中症にかかりやすいといわれていますので、より一層の熱中症予防・対策をおこなう必要があります。

 

『対策』

・水分を多めにとろう

新陳代謝が活発なため、汗や尿として体から出ていく水分が多く、脱水を起こしやすい体です。水分を多く含む食事や、定期的な水分補給を心がけましょう。

 

・熱や日ざしから守ろう

自律神経の働きが未熟で、放熱や発汗による体温調節がうまくできません。熱のこもらない素材や薄い色の衣服を選んだり、日光を遮る帽子などを身につけたりさせましょう。

 

・地面の熱に気をつけよう

背が低かったり、ベビーカーの利用などで大人よりも地面に近い環境で過ごすことが多く、地表からの熱を受けやすくなります。子どもの高さの気温や湿度を気にかけましょう。

 

・暑い環境に置き去りにしないようにしよう

乳幼児は自分の力で移動することができないので、「寝ているから」「ちょっとの時間だから」と放置することは危険です。特に、車内に置き去りにすることは絶対にやめましょう。

 

・室内あそびも油断しないようにしよう

日差しがない屋内では大丈夫だろうと油断しがちです。屋外と同じ対策を意識しましょう。

 

・周りの大人が気にかけよう

暑さや体の不調を、まだ自分の言葉で十分に訴えることができないため、服装や摂取するものによる暑さ調節がうまくできません。汗や体温、顔色や泣き方など、赤ちゃん・子どもの様子を、まわりの大人が気にかけましょう。

 

・外で夢中になりすぎない

遊びに夢中になると、のどの渇きや気分の悪さなどの熱中症のサインに気づくのが遅くなります。  子どもや特に乳幼児が遊びに夢中な場合には、大人が見守り休憩や水分補給をすすめましょう。

 

《児童・中高生》

体育の授業や部活動の他、遠足や登山などの野外活動でも熱中症にかかる場合があります。

また、運動以外でも、高温多湿の場所で活動する際にも十分な熱中症予防・対策が必要です。

 

『対策』

《屋外》

・スポーツで無理をしない

体力をつけることは熱中症に負けない体作りにつながりますが、最初から頑張らず徐々に体力をつけていきましょう。また、体調の悪いときは無理に運動するのは控えましょう。なお、スポーツ時の水分補給には、塩分や糖分を含む飲料がお勧めです。

 

・観戦で熱くなりすぎない

自分の学校やチームのスポーツ観戦時に大声で叫んだり、長時間立ったままだったりすると、熱中症にかかりやすくなります。応援に熱くなっても、興奮して体温が上がりすぎないよう、クールダウンや水分補給に気をつけましょう。

 

・通学・帰宅中に油断しない

バス停でバスを待っているときや徒歩での移動中など、直射日光に長時間当たらないよう気をつけましょう。日傘や帽子を利用して日よけ対策を行ってください。

 

《屋内》

・体育館で燃えすぎない

バドミントンやバスケットボールなど、風のない締め切った体育館での競技や、剣道など防具をつける競技は特に注意が必要です。チーム競技の場合、周囲のメンバーの配慮や体調不良を訴えやすい雰囲気が大切です。

 

・文化部も熱くなりすぎない

音楽室やプレハブなど、高温多湿の場所で長時間練習することは控えましょう。空調を調節しつつ、 こまめに休憩や、水分補給を行ってください。

 

《高齢者》

高齢者の方は温度に対する感覚が弱くなるため、室内でも熱中症にかかりやすいといわれています。 ご本人および周囲の方は、下記の点に注意して熱中症の予防・対策をおこない、暑い時期を乗り切り ましょう。

 

『対策』

・『気温や湿度を』計って知ろう

高齢者の方は体温の調節機能が落ちてくるため暑さを自覚しにくく、熱を逃がす体の反応や暑さ対策の行動が遅れがちです。気温・湿度計、熱中症計などを活用し、まわりの環境の危険度を知りましょう。

 

・『室内を』涼しくしよう

日差しのない室内でも、高温多湿・無風の環境は熱中症の危険が高まります。冷房や除湿機・扇風機などを適度に利用し、涼しく風通しの良い環境で過ごしましょう。

 

・『水分を』計画的にとろう

高齢者の方は体内水分量の減少により脱水状態になりやすく、さらに体が脱水を察知しにくいため、水分補給が遅れがちです。のどが渇く前に、定期的な水分補給をしましょう。キュウリやナスなど、水分を多く含む食材を、食事に取り入れるのもよいですね。

 

・『お風呂や寝るときも』注意しよう

入浴時や就寝中にも体の水分は失われていき、気づかぬうちに熱中症にかかることがあります。入浴前後に十分な水分補給をしたり、寝るときは枕元に飲料を置いたりしておくとよいでしょう。

 

・『お出かけは』体に十分配慮しよう

外出時は、体への負荷が高まることに加え、汗で水分が失われたり、日差しや熱の影響を受けやすくなったりします。服装を工夫する他、水分や休憩を十分とって体を守りましょう。

 

・『周りの人が』気にかけよう

高齢者の方は自分で暑さやのどの渇きに気づきにくいうえ、体調の変化も我慢をしてしまうことがあります。周りの人が体調をこまめに気にかけ、予防対策を促してあげましょう。

 

《屋外で働く人》

屋外で長時間にわたり作業するような職業に従事している方は、夏場は常に熱中症の危険にさらされています。下記のような時は、特に注意して熱中症の予防・対策をおこなってください。

 

『対策』

暑さ指数(WBGT値)が計れる測定器を用いて、基準値を超えていないかチェックを心がけましょう

直射日光をさえぎりましょう(帽子をかぶる、可能であれば作業場所に屋根や日除けをつけるなど)

扇風機などで風を通したり、打ち水をしたりしましょう(風通しが悪い高温多湿の場所では、打ち  水後の湿度上昇に注意!)

休憩所を設け、こまめに休憩を取りましょう

身体を適度に冷やせるグッズや設備を利用しましょう(氷、冷たいおしぼり、水風呂、シャワー等)

水分・塩分を定期的に補給しましょう(自覚していなくても脱水症状に陥っている場合があります)

吸湿性や通気性がよい素材の服を選びましょう

できるだけ1人で作業しないようにしましょう(周囲の人が変化に気付くことができる環境づくり  も、予防の1つです)

 

《キッチンで火を使う人》

室内でも高温多湿の環境では、熱中症にかかりやすくなります。キッチンで火を使って調理をすると、熱とともに蒸気による湿気が発生して高温多湿の環境が生まれるため、注意が必要です。

 

『対策』

調理中は常に換気扇を回しましょう

エアコンをつけて室温を調節しましょう

こまめに水分補給をしましょう

調理方法や器具を工夫しましょう(火を使わず電子レンジでの加熱に置き換えるなど)

調理中も、体を適度に冷やせるグッズを利用しましょう(扇風機やネックバンド、首に冷えたタオ  ルを巻くことも有効です)

キッチンにある保温系の家電は熱をもつので、こまめに電源を切りましょう。

 

《スポーツをする人》

スポーツ時には体(筋肉)が熱を発するため、熱中症の危険がより高まります。

気温や湿度が高い中で運動する際には、運動の仕方や水分補給などに注意が必要です。いつも以上に 熱中症予防・対策を心がけましょう。

 

【熱中症にかかりやすいのはこんなとき!】

体が暑さに慣れていない時期(夏の初め頃や梅雨の合間など)に急に暑くなった日や、湿度が高く風 の弱い蒸し暑い日にスポーツをすると、気温があまり高くなくても熱中症にかかる危険性があります。また、体調があまりすぐれないときに無理をするのも禁物です。

 

『対策』

環境条件(気温・湿度・風速・直射日光など)に応じて運動の強度や運動時間を調節しましょう (場合によっては、運動を中止することも検討しましょう)

急に暑くなった日は特に注意し、徐々に暑さに慣らすようにして、短時間の軽めの運動から始めま  しょう

こまめに水分補給を行うとともに、汗で失われる塩分も補給しましょう

暑い日は吸湿性や通気性がよい素材の衣服を選び、屋外では帽子をかぶりましょう

防具をつけるようなスポーツの場合は、休憩中にゆるめて熱を逃がすなどの工夫をしましょう

疲労、睡眠不足、風邪などで体調がすぐれないときは、無理に運動するのはやめましょう

特に運動不足の人や肥満の人は、熱中症を起こしやすいので注意しましょう

 

 

まとめ

【子どもの熱中症を予防するための5カ条は、以下の通りです。】

《水をこまめに飲ませる》:子どもが喉の渇きを感じたら、自分でも水分が取れるように教えておき  ましょう。

《顔色や汗のかき方を十分に観察する》:顔が赤い、たくさん汗をかいている場合は、深部体温が高く なっています。涼しいところでゆっくり休ませましょう。

《服装を選ぶ》:子どもは自分で適切な衣服を選べません。汗や熱を放散しやすく、身体を締め付け  ない衣服を選び、外出時は帽子を被りましょう。

《汗は冷たいタオルでふく》:汗は冷たい濡れタオルでふき、からだの表面を少し濡れた状態にして  おくことで、気化熱による熱放散が起こり、体温を下げる効果が期待できます。

《日頃から暑さに慣れさせる》:気温が急に上昇した時でも熱放散などの機能が働くよう、日ごろか  ら外遊びをして「汗をかく習慣」をつけましょう。

 

※特に大切なのは「汗をかく習慣をつけること」です。

子どもは汗腺の発達が不十分ですが、普段から汗をかいている子どもは、急な温度の上昇でも汗をかいて熱を放散することに、身体が慣れています。

その他

・子どもを車内に放置しない(エアコンを過信しない)

・日中の暑い時間帯での散歩を避ける

・日中はアスファルトの上を避ける

など、少しの気遣いで子どもを熱中症から守ることができます。

 

 

子どもは、大人よりも熱がこもりやすいという特徴があり、小さな子どもほど、アスファルトや地面 からの熱を吸収しやすいのです。十分に観察していることも必要ですが、普段から「汗をかく」こと や「喉が渇いたら水を飲む」ことに慣れておくと、熱中症や脱水予防に役立ちます。

 

 



コンサルティング事業

医療・介護事業に関するM&A
コンサルティングはこちら

介護系スクール事業

 平日16日間で取得可能!!
 
介護職員初任者研修講座
       [ 受講生募集中