お役立ちコラム

風疹患 大流行の兆し

風疹患者、昨年の5倍超 大流行の兆し

 今年の風疹患者数が昨年1年間の5倍を超える496人になったと発表した。関東地方を中心に感染が拡大。患者が1万人を超えた平成25年の大流行年前の状況に酷似しており、増加傾向が続けば2年後の東京五輪・パラリンピックへの影響が懸念される。

 

感染研によると、9月3~9日の1週間に新たに報告された患者数は計127人で今年最多。都道府県別では東京が32人と最も多く、次いで、千葉(27人)、神奈川(19人)、埼玉、愛知 (11人)、長野(5人)が続いた。

 流行はすでに34都道府県に及び、全患者数のうち男性が401人、女性は95人。30~40代の男性が目立ち、ワクチンの接種歴が「なし」や「不明」が多くなっている。

 政府は東京五輪・パラリンピック開催年度までに風疹の「排除」を目指している。ただ、風疹は複数年にわたり流行が続くことがあり、排除は困難になる恐れもある。

 風疹は妊娠中の女性が感染すると、生まれた赤ちゃんに障害が出る可能性もある。風疹の症状は主に発熱や発疹など。症状のない患者の唾液が、くしゃみなどで飛散して感染を広げることもある。

 ※風疹とは、風疹ウイルスの感染で起こる感染症です。

風疹ウイルスは感染力が強く、感染した人のせきやくしゃみ、会話などで、ウイルスを含んだ飛まつが飛び散り、これを鼻や口から吸い込むことなどで感染します。発熱や発疹などが主な症状ですが、症状が出ないこともあり、気づかないうちに感染を広げてしまう場合があるので注意が必要です。

最も注意したいのは、妊娠初期に風疹ウイルスに感染することによって、おなかの赤ちゃんに起こる悪影響です。

 

【風疹の主な症状】

感染してから2週間ほどで症状が表れ、5日間程度下記の症状が続きます。

・体のだるさと発熱

・ポツポツとした赤い発疹

・耳や首の後ろのリンパ節の腫れ

 

ただし、症状だけで風疹と断定することは難しく、抗体検査をしてはじめて確定となります。

子供の方が軽く、大人がかかると発熱や発疹がやや長引く傾向があります。一度感染し治癒すると大部分の人は終生免疫を獲得するので二度と風疹にかかることはありません。

 

※感染力のある期間

発疹の出た時点を挟んで前後2週間くらいが感染力があると考えられています。

ただし気をつけたいのは、ウイルスに感染しても症状が出ない人(不顕性感染)が15%程度いるということです。症状は無くてもちゃんと免疫ができますが、それは知らぬ間に人に感染させる可能性もあるということです。

 

※風疹は、子どもがかかる病気と思われがちですが、最近日本では大人の発症が9割近くを占めています。日本では、2013年に風疹が大流行し、14千人以上が風疹にかかったと報告されています。風疹を発症すると、主な症状として発疹が現れます。小さく赤い発疹が全身に広がっていきます。そのほか、38℃前後の発熱、耳や首の後ろのリンパ節の腫れ、目の充血、軽いせきなどの症状があります。すべてがそろわないことも多いです。大人では関節痛が現れることも多く、また、大人がかかると、高熱が出たり、発疹が長引いたりするなど、重症化することもあります。

 

※感染力の強い風疹ウイルス

風疹は、感染力が強い病気で、風疹ウイルスの感染で起こります。風疹の感染経路は飛まつ感染と接触感染で、感染者のせきやくしゃみ、会話などで風疹ウイルスを含んだ飛まつが飛び散り、その飛まつを鼻や口から吸い込むことによって感染します。

 

【風疹ウイルスの感染経路】

・飛沫感染 ⇒ 咳

      ⇒ くしゃみ   口・鼻から吸いこむ

      ⇒ 会話     目などの粘膜から直接侵入

・接触感染 ⇒ 手についたウイルスを目や鼻、口などに無意識にもっていくことにより、         粘膜からウイルスが侵入

 

風疹ウイルスに感染すると、平均1618日間ほどの潜伏期間を経て発症します。ただし、風疹ウイルスに感染しても1530%程度の人は、抗体はできるが症状は現れない不顕性感染となるとされています。不顕性感染の場合でも、気づかないうちに周囲に感染を広げてしまうことがあるため、注意が必要です。

 

大流行した2013年の調査では、風疹の患者数は女性よりも男性のほうが約3倍多くみられました。感染場所として最も多いのは、職場だといわれています。また、妊婦が感染すると、生まれてくる赤ちゃんに先天性風疹症候群という病気が起こる可能性がありますが、妊婦への感染経路として最も多いのは、夫から妻への感染です。先天性風疹症候群を防ぐためには、男性を含めて風疹を予防することが重要です。

 

※風疹の原因

基本的に風疹は、風疹ウイルスによる感染が原因で発症します。主に流行するのは、春先から初夏にかけての時期です。潜伏期間は、23週間だと言われています。一度感染してしまえば、風疹に対する免疫ができるため、多くの人が生涯、再び発症することはありません。また、感染しているにもかかわらず、明確な症状が出ないがために、気づかずに免疫ができている場合もあります。自分が風疹にかかった経験があるかどうかは、血液検査で調べてもらうことが可能です。気になる方は、一度医師に相談してみるのがよいでしょう。

風疹は、感染しても発症しないケースもあるため、知らずに他人にうつしてしまっている、なんて事もあります。

 

※妊娠中の感染で、赤ちゃんに障がいが出ることもある

風疹で最も注意したいのが、妊婦への感染です。妊娠20週ごろまでに妊婦が風疹ウイルスに感染すると胎児にも感染して、生まれてきた赤ちゃんが先天性風疹症候群という病気になる可能性があります。妊娠初期に感染するほど、障がいが起こる可能性が高まるとされています。

先天性風疹症候群になると、難聴、心臓の病気、白内障・緑内障・網膜症といった目の病気、低出生体重、精神・運動発達の遅れ、発育の遅れ、血小板減少性紫斑病、肝脾腫(肝臓や脾臓が腫れること)などが現れます。ただし、すべての障がいが出現するとは限りません。

風疹は、妊娠がはっきりしない妊娠初期から胎児への影響が大きいため、先天性風疹症候群を防ぐためには、男性を含めて多くの人が予防接種を受けて風疹の流行を起こさないことが重要です。

 

先天性風疹症候群がおこる可能性は、風疹にかかった妊娠時期により違いがあります。特に妊娠初めの12週までにその可能性が高いことが認められており、調査によって2590%と幅があります。妊娠前に2回(子どもの頃も含めて)の予防接種をうけることによって、成人女性なら妊娠中に風疹にかかることを予防し、または妊婦以外の方が妊婦などに風疹をうつすことを予防できます。ただし妊娠中は風疹の予防接種をうけることはできません、妊娠中はワクチン接種を受けることができないため、女性は妊娠前に2回予防接種を受けておきましょう。

 

※ワクチン接種で、風疹を予防できる

風疹は、風疹含有ワクチンを接種することで予防できます。風疹の予防接種は、主に内科や小児科などで受けられます。風疹ワクチンは、1回の接種だけでは、20人に1人は抗体ができないと考えられているため、2回の接種が勧められます。2回接種する場合は、1回目から最低でも1か月以上の間隔をあけてください。風しんの予防接種には、麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)の使用が推奨されています。

妊娠中は、風疹の予防接種を受けることができません。女性は、子どものころの接種を含めて妊娠する前に合計2回の接種を受け、接種後、2か月間は避妊するようにしましょう。

 

※まとめ

風疹ウイルスは、他と比較すると感染力は弱いほうであると言われています。しかし、成人が感染してしまうと、短くとも一週間ほどは長引いてしまうため、予防を怠ってはいけません。予防接種は病院で簡単に受けることができるため、特に流行する春先や初夏には、一度通院されることをお勧めします。

コンサルティング事業

医療・介護事業に関するM&A
コンサルティングはこちら

介護系スクール事業

 平日16日間で取得可能!!
 
介護職員初任者研修講座
       [ 受講生募集中